10歳+5歳育児+バレエ
日刊ゆい子
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学校のアレルギー対応
2013年 01月 09日 (水) 22:45 | 編集
年末にさほど大掃除をしなかったせいか、今になって片づけ神が降臨中。
あたしは掃除をちゃんとしたい!派ではなく、片づけたい!派。
引き出しの中とかクローゼットの中とか引っ張り出してまたしまうのが好き♪
なもんでここ数日また引っ張り出しては要らないものを捨て、しまう作業をしています。
ビニール袋を持ってうろうろする女。ゆい子です。
粗大ごみは来週。むふ。
1番捨てたいのはダーがなかなか整理してくれない書類たち。
も…
燃やしてやろうか!
も…もう少し整理してね♪テヘペロ 

さて、今日はあたしの仕事初め。
基本的に大きなお休み中はお稽古はしないので、みんな久しぶり♪
体験の子も来たし、新しく入った子もいるので正月明けのリハビリってことで
ゆるーくお稽古してきました。
ま、いつもゆるいクラスなんだけど(笑
P子は先月バレエに行ってからやる気満々なんだけど、今日は一時保育へ。
というのも、今日は仕事の前に小学校でアレルギーの委員会があったんです。

先月こんな事故がありましたね。→
アレルギーの子を持つ親としてショックなニュースでした。
お亡くなりになられたお子さんにお悔やみを申し上げます。

これから学校にあがられるアレルギー持ちのお母さんもおられると思うので
参考のために小学校のアレルギー対応をまとめてみます。
ただ、学校や市町村によって対応が違いますので参考までにー
無駄に長いので興味ある方だけどうぞ。

Q太郎の学校はアレルギーの子は毎月1回委員会があります。
委員会は児童の親1人ずつで、同席する先生は
担任、教頭か校長、給食の先生、保健の先生と結構大がかり。

毎月みんなが献立をもらうまえに、アレルギーの子だけ
献立表、アレルギー表示の表、除去食対応のプリントをもらってきます。

これは献立1つ1つにアレルギー表示がされたもの。
これを見て親が事前にチェックしていきます。
IMG_7733_20130109212827.jpg
この日はマヨネーズがNG。
日によってノンエッグマヨネーズの日もあるので要チェック。
Q太郎は全くマヨネーズはだめなので、この場合は代替え食を持参か
食べないか選択できます。
メインのおかずのときは代替えにしますが、こういうサブのときはQ太郎がいらないと
言えば持っていかないときもあります。
今回はQ太郎に聞いたら「ほうれん草の胡麻和えがいい」というので持たせる予定。

こういう最初からマヨネーズが入ったおかずは除去食にならないのですが
調理の最後に卵を入れるような料理は除去食対応になります。
今月はこんな感じ。
IMG_7734.jpg
「他人どんぶり」と「トック」は卵抜きで提供されます。
「トック」ってなんだ?!って思ったら韓国料理なのね。
この除去食では、完全にアレルギーの子1人分ずつ作るそう。
なので「2年○組西中島南方Q太郎くん」って書いてあるお盆に乗ってくるんだって。
だから必然的におかわりは無理。
先日の事故もこういう対応だったら起こらなかったんじゃないか…とか思います。
ちなみに「他人どんぶり」の除去食は、ネギにだし汁がかかっただけのどんぶり。
卵ないと寂しいね…
って言ったら「え?美味しいで♪」って言ってたので本人は気にしてないのね。

最後にこれに記入して提出。
IMG_7731_20130109212825.jpg
だいたい毎月2、3回の除去食です。
もう1つ「自分で除去する」っていう項目もあって、それはおでんのうずら卵などは
配膳されてから自分で除去しています。
Q太郎の場合、おでんくらい火の通った卵のかけらは食べても大丈夫なので
これはこういう対応。
あと、ちくわとかがんもどきなんかもね。
もっとひどい子ならそれもNGなんだろうなぁ。

委員会では、1日ずつ1献立ずつ先生とチェックしていきます。
これを全アレルギーの児童分繰り返すんだから先生たち大変だよなぁ…
でもこの地味な作業が大事なんだよね。

Q太郎のクラスにアレルギーの子は3人。全員男子。
Q太郎ともう1人は卵のみ。もう1人は卵と乳製品がアレルギーです。
人と違う給食だと…って思う子はあまりいないみたいで
クラスでも普通に受け入れられてるみたい。
今の子ってクラスにアレルギーの子がいるって状況は普通なんだもんね。
かわいそうって結構言われるけど、Q太郎は気にしてない様子です。
マヨネーズだめだからノンエッグマヨネーズを使ってみたりしたけど、食べなれてないから
あまり好きではない味みたいだしねー
絶対食べなきゃいかんものでもないし、卵食べなくても普通に育ってるので大丈夫でしょう。

今1番の悩みは除去食対応をいつまでするか。
現状では溶き卵やどんぶりの半熟系の卵は絶対無理なんだけど
高学年になったらましになるのかなぁとか。
アレルギー科に行ってまた相談しなくてはいかんのだけどね。
小学校の間は除去食かなぁとか思っています。
家ではいいけど、学校で吐いたりしたらかわいそうだしね。

7歳のQ太郎のアレルギー反応は
・粘膜のかゆみ(耳の奥、喉の奥、目など)
・咳
・発疹
が出ます。
この時点ですぐに抗ヒスタミンを飲むと治まるのでまだましなんだろうね。
しかも1口で出るのですぐにわかります。
見た目にわからなくても喉の奥にじんましんが出て器官を狭めることもあるので
注意してみています。
これから大きくなって少しでもましになるといいね。
見守れる間は見守っていきます。
IMG_7554.jpg
楽しい食事を♪

そうそう、たまに昔の人間(悪意)
「アレルギーなんかもっといっぱい食べたら治る!」
「生卵1回食べさせてみたらいい」
とか言われますが、ほんまね、生卵ぶつけたくなりますね♪
そういう祭あったような?トマトだっけ?
あった。→トマティーナ
って、何の話やねーん。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 日刊ゆい子 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。